忍者ブログ
とう世あちらこちら忍者風諸々話
とう世あちらこちら諸々話、トピックスを載せます。



2019/09/19
「[PR]」

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



2011/07/13
「料亭などの水槽で動いている、タラバガニは、茹でたものと甲羅の色がずいぶん違います。」

料亭などの水槽で動いている、タラバガニは、茹でたものと甲羅の色がずいぶん違います。 生きているときの、紫がかった濃い色の甲羅が、 茹でると鮮やかな朱赤 になるのです。 加熱されていないので、甲羅や殻の部分が黒味がかった濃い紫です。 沸騰させた海水程度の塩加減の湯で、甲羅を下にして、湯がかぶるように落し蓋などをして茹でて下さい。 茹で時間は、大きさにもよりますが、オスの1.5kg前後のもので、30分ほど。 メスでは45分ほど目安になさって下さい。 甲羅の中を洗い流さない場合は、もう10分ほど時間をのばしてください。 タラバガニの味噌は、冷めると一気に味が落ちますが、あたたかいうちなら味噌も美味しく召し上がっていただけます。 茹でてすぐに召し上がらない場合は、甲羅の中をホースなどで水を強く出し、内臓を洗い流してから茹でてください。 茹でて召し上がるほかに、足の部分をバーベキューのように直火で焼いて召し上がっても、香ばしい香りといっそう濃い甘味がお口いっぱいに広がります。 焼きすぎると、ドリップが落ちてパサついた触感になります。 うまい茹でカニを食べるなら 北海道グルメ 北海どんどん 海産物 かに ほっけ 魚 蟹 全額返金 北海道グルメ 北海どんどん 海産物 かに ほっけ 魚 蟹 全額返金

PR


カニ天国



<< 火事 ニュースを詳しく調べました。    ホーム    3 >>
Design by basei,koe twi